Archive for the ‘未分類’ Category

訴訟を起こす前に証拠の保全を忘れずに

証拠保全とは、違法行為が行われたことを証明することです。
結婚している相手と離婚を考えている場合など、相手の不貞行為などを写真などで撮影して証拠化し裁判所に提出する必要があります。
裁判官もその資料をもとに判決を下すことになるので、証拠資料は裁判において極めて重要です。
裁判において、証拠資料の信用性なども求められていることから、不貞行為などの写真撮影なども専門家に任せることが大切です。
弁護士などは、裁判所に提出する証拠資料などを誰が見てもわかるように作成しており、写真なども撮影日時・撮影場所など第三者が見ても判断できるようにしています。
このような第三者が見てもわかる証拠資料がなければ訴訟を起こしたとしても、裁判に勝つことは困難になります。
離婚訴訟などは民事事件であることから、双方に弁護士がついて、裁判で争うことになります。
刑事事件になると、警察・検察が被疑者を逮捕して犯罪捜査を行います。
警察・検察などは、組織力をつかって証拠資料を集めます。
警察などは、鑑識などの犯罪捜査専門の機関などがあり、素人では集めることができないような証拠資料を集めることができます。
その証拠資料は検察が裁判所に提出するので、刑事事件は非常に証拠資料が多いのが特徴です。

誹謗中傷を刑事で追求

社会生活を営む上で他人の行為により損害を受ける事が稀にあります。そういった場合には泣き寝入りをしてしまう人が多いですが、法的な手段により加害者にペナルティーを与える事が可能です。主に民事訴訟により損害賠償請求をするといった方法と、刑事責任を追及するといった方法があります。このうち前者は費用がかかりますが、後者は警察や検察が公費で捜査をしてくれるため被害者側が費用を負担する事はありません。さらに加害者へのペナルティーとしての効果も大きいです。
譜面02特に誹謗中傷により被害を被るケースが多く見られますが、その場合は名誉棄損罪として扱われます。これは不特定または多数の者に対して、具体的な事実を提示し社会的な評価を落とすような行為をした場合に問われる罪です。提示する事実は真実であっても虚偽であっても成立します。こうした被害に遭った場合には、警察に被害届を出すと刑事事件として捜査が行われ検察が起訴すれば刑事裁判になります。その過程で加害者は逮捕されたり勾留される事になり、有罪判決が確定すれば刑に処せられます。
また具体的な事実の提示をしない方法で社会的な評価を落とすような行為をした場合には侮辱罪として処罰されます。法定刑は軽いですが、捜査段階で逮捕や勾留をされる事もあるためペナルティーとしては十分な効果があります。

警察に被害を届け出る

インターネット社会になり、会社のサービスや商品に関しての口コミが売り上げに大きく影響するようになりました。
サービスに対する批判などは企業側としても改善する必要があるため、その内容については企業努力で改善することが求められているのですが、インターネットの匿名性を利用して根拠のない誹謗・中傷などを記載する人も多くいます。
匿名性の高い書き込みサイトなどを利用して、特定の企業を集中的に誹謗中傷して企業価値を下げられることもあることから、サイトの管理者などに削除依頼などを求め、対策をとる必要があります。
削除依頼を求めたところで、管理人がしっかりと対応するしない場合には、警察に対して名誉棄損等の被害届を提出することによって、犯罪捜査として犯人を逮捕してくれます。
警察は、犯罪捜査を行う権限を持っていることから、プロバイダー等に書き込みした者の契約情報を開示させることができます。
一般人では個人情報保護法があり、入手することが不可能ですが、捜査権限で契約者情報を集めて犯人を捕まえることができます。
犯人が捕まれば、刑法で処罰されることから、誹謗中傷の防止につなげることができます。
また、民事事件として損害賠償請求も可能になります。

ネット上で誹謗中傷を受けた場合

名誉毀損といった、ネット上で誹謗中傷行為を受けた場合、それが「公共の利害に関する特例」に該当するとき(要するに、「某・議員が賄賂を受け取ったのを見掛けました。こういう議員は適切を欠いています」という情報を公開する場合)に関しては当該行為は構成要件に該当する行為であっても、違法性は阻却されてその結果、犯罪は不成立となります。誹謗中傷行為というのは、「ありもしない事を言いふらされた場合」だとか、「プライバシーを侵害された場合」が考えられます。
 人権侵害行為である事は当然とされます。公然と人から馬鹿にされた程度であれば名誉を侵害された事にはならず、侮辱罪となります。侮辱罪ですが、科料(千円以上で一万円未満の、金銭を納付させる刑罰)もしくは拘留(留置所に留置される期間が三十日未満の場合の刑罰)が科される程度に留まります。名誉を侵害した場合、罰金刑や懲役刑が科せられる事になります。
 誹謗中傷を受けた場合、弁護士等に相談をすると良いでしょう。また、法務局等に相談をしたりして、問題解決をする事になります。中傷行為をされた場合、証拠は保全することになります。ネットでの場合、IPアドレスを取得して捜査機関に提出する事になりますし、中傷行為をされたページは必ず印刷して保管しなければなりませんし、何よりも証拠保全は絶対的に欠かすことはできないとされています。

刑務作業の目的とは

刑事裁判において有罪判決が確定し、執行猶予が付かない場合には刑が執行されます。その刑が懲役刑または禁固刑であれば刑務所に収監される事になります。そして懲役刑の場合には刑務作業をしなければなりません。一般市民の場合は強制労働をさせられる事はありませんが、在監者の場合は基本的人権の一部が停止されるため拒否する事は許されません。
この作業の目的は、更正のために働くという事と、出所後の当面の生活費を確保するという事ドラムです。刑務所内には受刑者たちが寝泊まりする部屋の他に、作業所が設けられています。受刑者たちは平日の朝に一斉に作業所へ向かって作業をして、夕方に部屋に戻るといった生活をしています。作業の内容は比較的誰でもできる簡単なものが多いですが、受刑者の能力や希望などを考慮して振り分けられます。こうして作業を続けていくうちに次第に熟練してくるため、出所後に就職する際に役立つ事になります。刑務所での作業には僅かながら報酬があります。かなり少ない金額ですが、長く服役した場合は出所までにまとまった金額が貯まります。
また禁固刑の受刑者はこうした作業を強制的にやらされる事はありませんが、自ら希望して行う事が可能です。

社会復帰や自己の役割・責任などを自覚させる活動

ピアノ02刑務所に服役する場合、懲役刑が成立した場合は刑務作業をする事になります。刑務所に下獄した場合、所内で労働をする場合、身体検査等をする事になります。口を開けて、隅々まで看守からチェックを受けて、問題無いとされた場合に「社会復帰や自己の役割・責任等を自覚させる活動」としての刑務所内での作業をする事になります。
 この作業ですが、労働ないし仕事と同様のものとなっています。賃金を支払われる事になりますが、労働関連の賃金に関する法規である最低賃金法の適用は除外されています。また、作る物は木工工芸品となります。儲けについては国に納められる事になっており、木工工芸品については様々な公共施設等で展示されることとなっており、販売されることも在ります。
 受刑者は、この作業を真面目にこなして且つ社会に復帰をしたいと強く熱望する場合は仮釈放の恩恵を受けることが可能となっています。また、刑務所内での作業は平日に行われる事になっており、休日等(土日や祝祭日)については免業日となっており受刑者は看守に相談をしたり、休息を取ることが可能となります。
 刑務所内での作業ですが、原則としては懲役刑者が対象となっています。例外としては、禁固刑に処された場合、受刑者の希望によって刑務所内での作業が可能となるので、作業をする受刑者であれば仮釈放は望めるとされています。

少年刑務所の役割と目的

ハープ犯罪に該当する行為をすると、警察に逮捕されます。その後送検されて起訴されると刑事裁判が開始されます。この刑事裁判により有罪か無罪かを決定し、さらに有罪の場合は量刑や執行猶予の有無を決める事になります。有罪が確定し執行猶予も付かない場合には刑務所に収監されますが、刑務所はいくつかの種類があります。受刑者の年齢や刑期などによって分類される仕組みになってい、そのうちの1つに少年刑務所があります。
これは26歳未満の受刑者を収容する刑務所です。その名称から未成年を収容する刑事施設といった誤解を招く事もありますが、未成年を収容する事はありません。26歳未満の成人の受刑者の場合は、成人ではあるものの比較的年齢が若いため更正できる可能性が高いと判断されます。そのため他の年齢層の受刑者とは別の刑事施設を設けて、更正しいやすい環境を作っているわけです。
中での生活は通常の刑務所と同様に厳しいものではありますが、一緒に生活をする受刑者は年齢が近いもの同士であるという点で他の刑務所とは大きく異なります。またこういった若年層の受刑者のみを集めた刑務所は男性の受刑者のみが対象です。女性の受刑者の場合は、26歳未満であっても他の年齢層の受刑者と同じ刑務所に収監されます。