社会復帰や自己の役割・責任などを自覚させる活動

ピアノ02刑務所に服役する場合、懲役刑が成立した場合は刑務作業をする事になります。刑務所に下獄した場合、所内で労働をする場合、身体検査等をする事になります。口を開けて、隅々まで看守からチェックを受けて、問題無いとされた場合に「社会復帰や自己の役割・責任等を自覚させる活動」としての刑務所内での作業をする事になります。
 この作業ですが、労働ないし仕事と同様のものとなっています。賃金を支払われる事になりますが、労働関連の賃金に関する法規である最低賃金法の適用は除外されています。また、作る物は木工工芸品となります。儲けについては国に納められる事になっており、木工工芸品については様々な公共施設等で展示されることとなっており、販売されることも在ります。
 受刑者は、この作業を真面目にこなして且つ社会に復帰をしたいと強く熱望する場合は仮釈放の恩恵を受けることが可能となっています。また、刑務所内での作業は平日に行われる事になっており、休日等(土日や祝祭日)については免業日となっており受刑者は看守に相談をしたり、休息を取ることが可能となります。
 刑務所内での作業ですが、原則としては懲役刑者が対象となっています。例外としては、禁固刑に処された場合、受刑者の希望によって刑務所内での作業が可能となるので、作業をする受刑者であれば仮釈放は望めるとされています。

Comments are closed.