訴訟を起こす前に証拠の保全を忘れずに

証拠保全とは、違法行為が行われたことを証明することです。
結婚している相手と離婚を考えている場合など、相手の不貞行為などを写真などで撮影して証拠化し裁判所に提出する必要があります。
裁判官もその資料をもとに判決を下すことになるので、証拠資料は裁判において極めて重要です。
裁判において、証拠資料の信用性なども求められていることから、不貞行為などの写真撮影なども専門家に任せることが大切です。
弁護士などは、裁判所に提出する証拠資料などを誰が見てもわかるように作成しており、写真なども撮影日時・撮影場所など第三者が見ても判断できるようにしています。
このような第三者が見てもわかる証拠資料がなければ訴訟を起こしたとしても、裁判に勝つことは困難になります。
離婚訴訟などは民事事件であることから、双方に弁護士がついて、裁判で争うことになります。
刑事事件になると、警察・検察が被疑者を逮捕して犯罪捜査を行います。
警察・検察などは、組織力をつかって証拠資料を集めます。
警察などは、鑑識などの犯罪捜査専門の機関などがあり、素人では集めることができないような証拠資料を集めることができます。
その証拠資料は検察が裁判所に提出するので、刑事事件は非常に証拠資料が多いのが特徴です。

Comments are closed.